建材の切断機械オペレーターへの転職

機械オペレーター求人TOP >> 採用先別 >> 建材の切断機械オペレーターへの転職

建材の切断機械オペレーターへの転職

建材の切断加工の基礎を理解しておく

建材の切断加工機械オペレーターへの転職を考えているなら、まずは基礎知識となる建材の切断加工について理解しておきましょう。資材によって切断の仕方や機械が異なるケースが多くなっています。 切断加工と言うと断熱材や木材、合成板などが主流となっていますが、それ以外にも化粧板や金属板、フレキシブルボードの切断など企業によって多種多様な金属や木材の切断をするケースがあります。 その切断方法も様々でガスで溶断しながら切断する方法や、熱を使った切断方法、プラズマ切断と呼ばれるガスと電気を融合させて切断する方法、レザーによる切断など様々です。

鉄やステンレスなどの素材はもちろんのこと、ガラスやプラズマなどの資材も切断することができます。 ただ、ここで紹介したものは建材の切断加工全般についてです。就業先によって直接関わりのない資材や機械もありますので、全ての知識が必要というわけではありません。

転職先の取扱い資材を把握しておくことが重要

建材の切断機械オペレーターを目指すならその企業がどのような資材を使ってどのような機械で切断しているのか事前に調べて、作業のイメージをしておくことが重要です。

ミラホームなどの断熱材、耐水合板の合板系、プラスチックやポリエチレン板、塩化ビニール素材の切断を行っている企業ならダイ切断マシン、NCラーニングソー、MCリミングソーなどを導入し、設置して使用しているケースが多くなっています。 切断の方法も相手企業側の希望に基づいて、くり抜きや凹凸を取り入れた切断が要望されるケースや、企業が事前にCADデータを提出し、それに基づいて切断を行うといったケースも存在します。 CADの習得を行っている方や事前に勉強している方はその経験が生かせる職種といえるでしょう。

建材の切断機械オペレーターは経験がないと転職は不可能なのか

このような特殊機械を使った経験が過去にあれば、もちろん転職の際に重宝されますが、企業によって取り扱いの機械も全く違うので、残念ながら過去の経験が生きないというケースもあります。

例えば、最近では全自動デジタルパネルソーと呼ばれる高性能な機械も登場していて、資材の厚さや重さに関わりなく簡単に加工できる機械も登場しています。 プログラムも内蔵されていて、制作日数が短くなったり、プログラムも作成する必要がなくなり、大幅に今までの機能とは違った機能を備えたものもあるので、それまでに使っていた機械とは全く異なったタイプのものが導入されている企業もあります。 そういったことも考慮すると、あまり過去の経験にとらわれず未経験の方でも意欲さえあれば十分に就業可能な転職先といえるでしょう。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.