NC旋盤機械オペレーターへの転職

機械オペレーター求人TOP >> 採用先別 >> NC旋盤機械オペレーターへの転職

NC旋盤機械オペレーターへの転職

NC旋盤機械オペレーターへの転職とは

NC旋盤機械オペレーターは機械系、理系の方に特に向いている職業といえるでしょう。 NC旋盤は細かい部品を作る機械で、円状のネジやボルトなどを正確に作り出すことができる機械です。 NC旋盤機械オペレーターはプログラミングを駆使して操作を行うタイプが多いため、取り立てて力作業が必要という場面も少なく、女性のオペレーターも存在する職種です。 NC旋盤によって作られるものは自動車の部品や携帯やパソコンの部品、テレビなどの家電製品など様々です。また、医療機器や産業機器などを作るもケースがあります。

材質は金属系が多いですが、チタンやアルミ、樹脂、角材などを取り扱っている企業も存在します。 NC旋盤には主軸固定型と移動型が存在し、商品の用途や製品によって、製造工程が異なります。 細かな部品も作成可能なため、非常に精度の高い機械として知られています。 精密な機械とはいえ、不良品は決して許されないので商品を加工した後は超音波洗浄や研磨、形状の測定が欠かせません。 機械を使った測定はもちろんのこと、目視で最終的なチェックも行われます。しかもそのチェックは何重にも行われて厳選し、検品の結果、問題ないと判断された物だけが市場に出回るという流れになります。

NC 旋盤機械オペレーターになるための知識とは

最近のNC旋盤はほとんどがプログラミング化され、自分で計算するようなことはほとんどありません。しかし、予備知識として図面の理解や計算なども覚えておくことは無駄ではないでしょう。 材料の回転や刃物の角度、動かし方などを計算してNC旋盤に登録して動かすというのが主な仕事です。 ミリやマクロといった非常に細かな単位まで精密に切断できるのが特徴となっています。 NC旋盤をオペレーションすると主軸を回転させたり、x軸とZ 軸を動かすといった作業が発生します。 1から自分で設定してやるという事は、経験がない人にとってはまず、やるケースはほとんどありませんが、NC旋盤を動かす上で、直径方向と軸方向にどのように設定すると機械が稼動するのかなどを理解しておくと実践でも役立たせることができるでしょう。

NC旋盤機械オペレーターの今後とは

NC旋盤の最大の魅力はプログラムを登録すればほぼ無人で自動運転ができるということです。 そのため、人件費などのコストがかかりませんし、非常にこれからも重宝されることは間違いありません。人力で行うよりも加工時間が少なく、精度も段違いです。量産する上で欠かせない機械となっていますので、今後も必要不可欠な職業として存在する事でしょう。

ただ、機械オペレーターの中でもプログラムを作成できる人が、より重宝されます。単純に機械操作だけ覚えればよいということではなく、日々向上心を持ってあらゆる資材の作成プログラムも理解しておくと転職の際にも大いに役立つことでしょう。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.