プレス加工機械オペレーターへの転職

機械オペレーター求人TOP >> 採用先別 >> プレス加工機械オペレーターへの転職

プレス加工機械オペレーターへの転職

プレス加工機械オペレーターを目指すなら

プレス加工機械オペレーターは機械設計に興味のある方、または経験のある方に転職できるチャンスがある職種といえるでしょう。 機械設計はもちろんのこと、作業日報や作業スケジュールを毎日記述するケースが多くなっていますのでワードやエクセル、CAD関連の知識も生かせる環境といえます。 また、自動車の仕様、部品に詳しい方もその知識や経験を生かせる職業といえるでしょう。半導体部品の製造や板金塗装、プレス加工などを自動車整備会社では行うケースが非常に多いです。自動車整備会社以外にも製鉄所や金属工業などで重宝されている仕事になります。

事前準備が必要なこととは

未経験でも、プレス加工の仕事を募集しているところはありますが、その作業に関する専門知識を持っている方が、より採用率も高くなります。 具体的にはCADの知識が非常に重宝されています。今では二次元だけではなく三次元のCADも使えると採用先の印象もアップするでしょう。プレス加工に際して、材質の圧力上限や材質選定、板厚設計なども必要な予備知識と言えます。20代の若いうちならCADの専門学校や職業訓練所がありますので、そういったものを利用すればプレス加工の転職の際に役立つことでしょう。

30代以降になってくると、やはり学校で勉強したというだけでなく、実務経験が求められてきます。 また、プレス加工と一言で言っても金属系のプレス加工、木工用のプレス加工など、材質によって圧力のかけ方やエアー圧力も異なってきます。転職先で行っているプレス加工がどのような材質や製品を扱っているのかぐらいは事前に調べておくべきでしょう。

全くプレス加工の知識がないのなら

いきなりプレス加工の機械オペレーターに応募しても、わからない言葉がたくさん出てきて、仕事と勉強を同時に行わなければいけない状況になってしまいます。 そのためには事前にプレス加工の基礎となる知識を身につけておくべきです。

例えば、金型レイアウト設計方法、プレスによる抜き方や曲げ方、成形型にはどのようなものがあるのか、熱処理とコーティング技術など、実際に働いてみないと理解し難い、分からない部分もありますが、参考書や本にもこのような情報はあるので勉強してから、転職の際に役立ててみてはいかかでしょうか。面接である程度、知識を持っているということを伝えた方が好印象を与えることは間違いありません。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.