20代の機械オペレーターの転職

機械オペレーター求人TOP >> 年齢別の転職例 >> 20代の機械オペレーターの転職

20代の機械オペレーターの転職

20代での応募なら未経験でもOKの企業ばかり

機械オペレーターになるには、経験や知識があればもちろん優遇される可能性が高いですが、未経験からの転職も十分可能です。特に20代での応募なら未経験でも十分に採用してくれる可能性がある職種といえるでしょう。 ただし、未経験OKの求人であっても機械オペレーターに応募する理由や志望動機を明確にしておく必要があります。 例えば、製造や組み立て、加工に携わっていた経験、部品製造に携わっていた経験、応募しようとしている会社と同様のマシンでなくても、機械操作を行った経験があれば、その経験を生かして機械オペレーターになってみたいと思ったということを面接で伝えられるでしょう。 機械オペレーターの作業に興味を持ったきっかけや体験をしていれば、それを積極的に応募先の企業に伝えると、とても良い印象を与えるでしょう。

企業も若い力を求めている

機械オペレーターはどの企業でも経験者の応募はもちろんのこと、そもそも応募者自体がやや少ない傾向があります。そのため、応募先の企業で取り扱っている機械と、全く同様のものを扱ったことがあれば、かなり高い確率である採用されるといえるでしょう。

あとは前向きな向上心があり、性格や経歴などに問題がなければ採用されるケースが多くなっています。 機械オペレーターは幅広い年齢層の方が働いている職種でもありますが、長年の経験を得て機械操作に慣れていく必要があるため、吸収力の高い20代の方が機械操作の習得にかかる時間も短く、企業側も出来れば20代を採用したいと考えています。 もし、未経験であっても積極的に応募してみてはいかがでしょうか。

未経験でも下調べを忘れずに

ただし、未経験でも機械について勉強しておくことは重要です。少なくとも、応募先がどのような機械を取り扱っていて、どういった物を生産しているのかというぐらいは下調べが必要です。

例えば、ラッピングマシンではお弁当の封入、雑誌や冊子、ダイレクトメールなどの封入、CDやDVDのパッケージング、その他、食品のパッケージングなど様々です。 また、包装に使っている資材はセロファン、耐熱効果のあるフィルム、塩化ビニールなどがあります。大体がロールのような長いフィルムを設定して、商品を覆っていき、高熱のカッターで分断していくことで密封し、個別の商品として完成します。 機械操作でボタン一つ一つの意味はもちろん入社してからでないと、意味は分からないと思いますが、どのような仕組みの機械で、どういった作業をしているのかということぐらいは把握しておきましょう。 20代でそこまでの機械オペレーターとしての高い知識や経験を求めている企業も少ないでしょう。機械オペレーターは資格や免許などを必要とするものは、ほぼありません。 積極的に応募して機械オペレーターとしての道を切り開いてみてはいかがでしょうか。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.