30代・40代の機械オペレーターの転職

機械オペレーター求人TOP >> 年齢別の転職例 >> 30代・40代の機械オペレーターの転職

30代・40代の機械オペレーターの転職

30代、40代での機械のオペレーターへの転職は可能なのか

機械のオペレーターは特に資格や、取得していなければいけない免許などはありませんが、30代や40代になってくると、全くの未経験での採用というのは、やや厳しいと言わざる得ないでしょう。 とはいえ、全く同じ機械を過去に取り扱っていないからといって不採用となるわけではありません。 機械オペレーターとしての作業と通ずるものを過去に経験していれば、30代や40代でも十分に転職することも可能といえます。

例えば、機械オペレーターと一言で言っても、非常に多くの機械が存在します。 ラッピングマシーン一つとっても、片面ラッピングマシーン、両面ラッピングマシーン、マウンティングマシーンなど、様々な機械が存在します。 非常に専門的な機械になるため、全く同じ機械を取り扱っていたという経験がある方のほうが極めて少ないです。 そのため、過去に機械を取り扱った作業をした経験はあるけど、転職応募先では違う機械を使っているというケースも十分に考えられます。 それでも機械を取り扱っていたということで、機械の取り扱いの心構えや作業工程などは通ずる部分がありますので、転職も十分に可能といえるでしょう。

異業種からの挑戦は厳しい?

では、全く違う異業種からの挑戦は30代や40代の方で可能なのかといえば、職種によって可能性が大きく変わると言えそうです。例えば営業職から、いきなり機械オペレーターになりたいということでは、それ相応の理由がないと厳しいでしょう。

人との接点が多い営業職から、機械オペレーターとなると機械との向き合い時間が圧倒的に増えます。もちろん、複数名の作業員とともに話し合いを行ったり、作業報告などで上司と相談するケースもありますが、営業職に比べれば1日の中で人と話す時間も少ないですし、作業内容も明らかに変わります。 そういった中で、なぜ機械オペレーターになりたいのかということを明確にする必要があるでしょう。

異業種でも転職できる可能性が高い職種も

機械関係のエンジニアや自動車整備士などであれば、十分に機械オペレーターへの転職も可能といえるでしょう。機械オペレーターとは違う仕事とはいえ、機械を取り扱っているという共通点がありますし、機械の設計や設定、製造工程の1日のスケジューリングなど機械オペレーターと通ずる部分が非常に多くあります。 電気系、機械系の仕事に就かれていた方は、十分に転職可能な職種といえるでしょう。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.