機械オペレーターの職務経歴書

機械オペレーター求人TOP >> 転職の基礎 >> 機械オペレーターの職務経歴書

機械オペレーターの職務経歴書

機械オペレーターの採用を決める一つのポイントは、どのくらいの実務経験をどこで積んできたかということです。機械オペレーターの技量は資格などでは客観的に測りづらいため、実務でのスキルをどのくらい磨いてきたかということが重視されるのです。そのため、職務履歴書を記入する時には、きちんと自分のアピールとなるような仕方で丁寧に書くようにしましょう。

特に、転職したいと思っている会社と同じような業務を行っている企業で働いた経験があるのであれば、その部分は少し細かく書くと良いでしょう。単に会社名や何年間在籍したかということだけではなく、どんな製品の製造を行ってきたのか、どんな機械を操作してきたのかなどの詳細を記入するのです。そうすることで、職務履歴書を通して効果的なアピールをすることができます。もちろん、嘘の内容を記入してはいけませんが、強調したい経歴をより詳細に記入することによって、かなり受ける印象が変わってきます。そのためにも、前もって転職先の会社が何を作っていて、どのような業務をメインとしているかを調べて、それに合った経歴の詳細を記載することが大事です。

もし、何回も転職を繰り返しているようであれば、可能な範囲で退職理由を記入することもできます。転職回数が多いと、会社側でもあまり腰が落ちつかない人だと感じてしまい、採用に不利に働いてしまうことがあります。そのような事態を避けるためにも、あらかじめ退職理由を記しておくことができるでしょう。その際には、できるだけポジティブな理由を記入することが重要です。仕事内容が気に入らなかった、人間関係が嫌だったなどの理由を書くと、人事担当者が受ける印象が悪くなってしまいますので、他のもっと前向きな理由を記載するようにしましょう。

職務履歴書を書く際には、時間をかけて丁寧に記入するようにしましょう。誤字や脱字がないことを確認して、もしあったら修正するのではなく、新しい用紙に書き直すようにしましょう。どのような書き方をするかもチェックポイントとなっていますので、分かりやすく丁寧に職務履歴書を作成することでポイントを上げることができます。また、志望動機や趣味・特技、資格などの欄もおろそかにすることなく、しっかりと考えた上で記入しましょう。細かなところまで注意を払って作成することで、人事担当者に良い印象を与えることができます。面接と並んで採用を決める重要なものですので、しっかりと仕上げるようにしましょう。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.