機械オペレーターの転職と志望動機

機械オペレーター求人TOP >> 転職の基礎 >> 機械オペレーターの転職と志望動機

機械オペレーターの転職と志望動機

機械オペレーターへの転職理由を整理する

機械オペレーターへの転職、または就職を考えている方はその志望動機を明確にしておくことが重要ですが、はっきり言って機械オペレーターが小さい頃からの憧れの職業というケースは少ないのではないでしょうか。 何かしら人生経験の中で機械オペレーターになってみたいという動機があったからこそ、興味が沸いているはずです。 例えば、機械系の学校に通っていた、機械をいじることが昔から好きだった、父親が機械オペレーターの仕事をしていた、機械オペレーターに触れる機会があった、機械操作を1日行っていることが楽しいなど、その理由も様々でしょう。 それを、いかに具体的に志望動機に反映させるかがポイントです。

具体的な志望動機とは

「生産ラインに入る製造業を経験したことがあり、機械オペレーター業務が魅力的に思った。」、 「生産技術者として、主導的な立場にある機械オペレーターにぜひチャレンジしたいと思った。」、 「機械操作がもともと好きで、それを生かした職業を考えたとき、機械オペレーターの仕事が自分に合っているのではと思った。

など機械オペレーターになりたいと思ったことを素直に話すのがよいでしょう。 機械オペレーターは非常に専門的な知識が必要となるため、就業前にそこまで知識がないのは仕方がありません。 変にかいかぶった知識を披露するよりも自分の純粋に製造業の機械オペレーターに関わりたいという気持ちを素直に話した方が採用率も上がるはずです。できればアルバイトでもなんでも過去に機械オペレーターに触れるような作業をしている方が、採用先に取ってみても非常に魅力的な人材に映るでしょう。

年齢によって志望動機も変化が必要

20代であれば、意欲的な気持ちがあれば十分採用してもらえる可能性もありますが、40代、50代ともなるとそれだけでは厳しいのが現実です。 機械オペレーターという性質上、操作を覚えることが必要不可欠です。そのため、物覚えが悪かったり、習得する意欲が低い方は難しい職種です。 中高年以降の方はどうしても採用を見送られてしまうケースもあります。40代や50代の方で機械オペレーターへ挑戦したいという方は、機械操作の経験や製造の品質管理経験、パソコンのエクセル経験など機械の操作習得にも問題が無いということを伝えた方が良いでしょう。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.