機械オペレーターの転職と自己PR

機械オペレーター求人TOP >> 転職の基礎 >> 機械オペレーターの転職と自己PR

機械オペレーターの転職と自己PR

機前職の経験を自己PRで発揮するには

機械オペレーター関連の仕事を前職で経験されている方は、機械オペレーターへの転職で有利に働くことは間違いありません。 未経験の人材でも募集しているところが多いですが、即戦力を手に入れたいと思っているのはどの企業も一緒ですので、機械オペレーターでどのような機械を操作していて、どのよう分野に携わっていたのか伝えると最高の自己PRになるでしょう。 一方で社会人経験はあるけども、機械オペレーターの作業は初めてという方も多いはずです。そんな方は自分の過去の職歴が少しでも機械オペレーターの仕事に反映できる経験があるということを伝えましょう。

例えば、

「品質管理や生産管理、納品スケジュールを守って作業を遂行していた。」、
「お客さんの手にわたる商品ということを意識して生産に取り組んでいた。」、
「仕事場での安全点検や整備、手入れなどを普段から行っていた。」

上記のような経験があれば、機械オペレーターと通ずる部分があります。なにも機械オペレーター経験がないと不利というわけではありません。自己PR次第で採用率はグッと高まります。

前職が営業などの違う分野でも自己PRは可能

前職が営業などの全く違う分野でも、もちろん機械オペレーターへの応募は可能です。 例えば、グループや部署のリーダーとして他の社員に指示をしていた経験がある方も重宝されます。 機械オペレーターは機械だけを操作しているイメージがありますが、人員配置や他の作業員に対しての指示を行うケースも非常に多いです。 リーダーシップを発揮しなければいけないケースもあるので、そういった人材も魅力的な存在といえるでしょう。技術的なことは就業後、習得していけば問題ありません。

仕事内容とは違った自己PRも可能

どうしても前職と機械オペレーターの共通点が見つからない場合は、違った部分で自己PRしていきましょう。

例えば、

「前職では3年間全く休まずに勤務した。」、
「夜勤などの就業時間の変動も経験しているので、状況に合わせていつでも勤務できる体力がある。」、
「これまでに資格を多数取得していて、暗記や作業習得には自信がある。」


このような自己PRも十分に効果的でしょう。 職を転々としている人よりも継続的に勤務している人の方が、長年の経験がモノを言う機械オペレーターでは特に重宝されます。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.