機械オペレーターの仕事内容

機械オペレーター求人TOP >> 転職の基礎 >> 機械オペレーターの仕事内容

機械オペレーターの仕事内容

機械オペレーターとは

製造業の仕事の一つとして機械オペレーターという作業があります。 機械オペレーターとは工場内での作業が主流となっていて、機械操作を主に行う仕事です。 職種によって扱うマシンは当然異なりますが、有名なところではラッピング加工、プレス加工、建材の切断加工、金属製品の切除加工、印刷機の操作オペレーターなどがあります。 中にはNC旋盤などプログラミングを駆使した機械もあります。 全てをまとめて機械オペレーターとして説明するのは難しい部分がありますので、代表的なものに焦点を当ててご紹介していきましょう。

機械オペレーターの仕事内容とは

機械オペレーターで多い作業としては、ラッピング加工が挙げられます。 ラッピング加工は食品などの封入、冊子やダイレクトメールなどの封入作業が挙げられます。 基本的に大量生産が必要な場合、ラッピングマシンを使い、商品を封入するということが多いです。 具体的なイメージをしやすいところだとコンビニで流通しているようなおにぎりやお弁当などもすべてパッケージされており、機械を扱った封入が主流となっています。ラッピングマシンではラッピングする資材をまず用意して設置。その後、機械オペレーターが機械を調整してラッピングの幅や商品に対して正確なラッピングが行えるかを調整していきます。

流れ作業のような形で次々とラッピングされていき、人の手はかからないような印象があるかもしれませんが、最初の細かな設定、不揃いな商品に対する適切な処置、流れてくる商品の位置によってラッピングに微調整が必要なケースなどがあります。

また季節によってはラッピングする資材が湿気を吸って、うまく1枚1枚はがれずに二枚重なってラッピングしてしまうなどの現象が発生するケースもするため、エアーを使って資材を乾燥させてラッピングがうまく行われるように事前準備をするといったことも必要になります。 同様に冊子やダイレクトメール封入作業も商品を1つずつラッピングしていきます。 冊子やダイレクトメールの封入は大きな1つのロールのようなラッピングで覆っていき、それをカッターで分断して一つの商品としてラッピングが完成します。 冊子やダイレクトメールは当然、毎回同じ大きさではありません。そのため、カッターの刃の切り位置や封入するサイズに合わせてラッピングの幅を変更するなど微調整が行われます。また、冊子などの場合はそれぞれ厚みも違うので、プレスする圧のかけ方や厚みも意識する必要があり、中に空気を封入させないように圧力をかけながら裁断してきます。

このように機械オペレーターは機械の微調整、事前準備が特に重要な作業となります。これはラッピング加工に限らず、どの機械オペレーターでも共通することです。

機械オペレーター以外の「それ以外」の仕事内容

機械オペレーターの作業員は1日の大半を機械オペレーターの前で過ごすことが多いですが、それ以外の作業も当然発生します。 作業の段取り確認、スケジュール調整、1日の作業個数の設定、機械の事前準備、人員配置、作業報告、機械の手入れなど総合的に作業として行う必要があります。 最初のうちは先輩に手伝ってもらいながら、機械の操作を覚えるということが主な流れとなるでしょう。そして、数ヶ月経ったら一人で機械を操作できるぐらいまでの技量を身につける必要があります。 慣れてくると任される仕事量も増えてきますから、その日の作業のデータ入力も行うケースがあります。エクセル、ワード、パワーポイントの入力が必要な場面も出てくるでしょう。 機械は完全に1人で行うものもあれば、数人の作業者を配して行う機械オペレーターも存在します。 その場合は作業員に詳しく業務の内容を説明したりなど、リーダーシップが求められる状況もあります。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.