機械オペレーターの再就職・ブランク

機械オペレーター求人TOP >> コラム >> 機械オペレーターの再就職・ブランク

機械オペレーターの再就職・ブランク

ブランク期間をどのように過ごすかが重要

機械オペレーターとして再就職をする時に、できるだけブランクを空けずに次の転職先を決めたいというのは誰もが思うところでしょう。 もちろん空白期間が長くなればなるほど面接先での印象が落ちてしまうことは否めません。そうなるとブランクとなる期間をどのように過ごしていたかというところがポイントになります。

数ヶ月であれば転職活動をしていたということで特にマイナスに響くことはないでしょう。しかし、1年、2年とブランクが空いているケースでは、機械オペレーターとして経験や知識を得ていたということを証明しなければいけません。 例えば、その期間に派遣やアルバイトとして機械オペレーターの作業をしていた、製造関連の仕事をしていた、電子系、機械系の作業をしていたということであれば実務経験として職を全うしていたと評価されるため、大してマイナスに響くことはないでしょう。または、専門学校や職業訓練所で機械オペレーターに関する技術や知識を学んでいたということでもよいでしょう。

ブランク期間に何もしていない状態は避けましょう

ただし全く何もしていない完全な無職の状態だと機械オペレーターのみならず、全ての職種での転職が難しくなってしまいます。ブランクが空いてしまう場合は、とにかく機械オペレーターになるための準備期間として勉強するか、あるいはバイトでも良いので機械作業をしていたという実績が欲しいところです。

離職してからのブランク期間が長いと就職に対して、どうしてもハードルが上がってしまいます。機械オペレーターはエンジニアなどと違って、すぐに新しい機種が投入されるというわけではありませんが、やはり時間が経過するにつれて新しい知識や機械が導入されるケースは十分に考えられます。 そういったときに、もし機械オペレーターとしての業務経験があったとしても、次の就職先で生かすことが難しくなっているということも考えられます。そういった点を考慮しても、できるだけ離職してからのブランク期間は、短く抑えたいところです。

とにかく実務経験を重視すべき!

資格の取得や、免許の取得ということを理由にブランク期間が長い方もいますが、そもそもその資格や免許を取得するのに、本当にそれだけの期間が必要だったのかということを企業側が疑問視する可能性があります。

資格や免許よりも実務経験を大事にしている企業もありますので、できるだけ短い間隔で次の就職先を決める努力をした方が賢明です。 それでも転職が難しい場合は、アルバイトや派遣など形態にこだわるのは捨てて、とにかく経験を積むことを重視して過ごすようにしましょう。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.