機械オペレーターの将来性

機械オペレーター求人TOP >> コラム >> 機械オペレーターの将来性

機械オペレーターの将来性

機械オペレーターの将来性とは

機械オペレーターの仕事の将来性を考えた時に10年、20年さらにもっと長い間、長期に渡ってその仕事が必要とされているのかどうかというのは、気になる部分です。 将来的に沙汰されていく可能性がある仕事というのも世の中にはあるわけですから、将来性は転職や就職の際に気になる要素の一つです。今回ご紹介する機械オペレーターですが、将来に渡って安定した仕事が得られる可能性が高い仕事といえるでしょう。

その理由として、独自性のある替えの効かない機械を使った作業ということ、ラッピングマシーンや旋盤機械などは1億円を超える機械もあるので、簡単に機械を導入する企業が増えないということ、そして商品の需要が継続してあるということの3点が挙げられます。 例えば、お弁当や食品のパッケージングをしているラッピング機械オペレーターは、いつの時代でもコンビニ弁当がなくなるという可能性は極めて少ないですし、食品も安定的に供給されることが予想されます。 また旋盤機械オペレーターも自動車の部品や家電の部品など、将来にわたって必要とされるであろう商品ばかりです。 このことからも将来にわたって、機械オペレーターが沙汰されていくという可能性は非常に少ないといえるでしょう。

専門性の高い機械オペレーターは今後も必要

ただし、機械オペレーターといってもいろいろなものがありますので、全ての機械オペレーターが今後も継続性があるかどうかはわかりません。今後、もしかしたら機械の精度や機能が格段に進歩して熟練の経験が必要ではなくなるという可能性もあるかもしれません。そうなると、わざわざ正社員として雇わなくても派遣やアルバイトの人でも操作できるぐらい簡単なものになれば、正社員の雇用が減っていく可能性はあるでしょう。

ただ、例えば雑誌やダイレクトメールの封入に使う機械として有名なシトマやバースのポリラッピングマシーンは非常に高性能な機械となっていますが、熟練の経験者でないと操作をすぐに実行することは難しいでしょう。1年、2年と経験をすることで生産性の高いオペレーションをすることができます。 ラッピングマシーンを一例として挙げましたが、専門性の高い機械を取り扱う場合は、いくら機械の進歩があろうとも素人が簡単に操作できるという機械ではありませんので、機械オペレーターが沙汰されていく可能性は非常に少ないのではないでしょうか。 そもそも機械の進歩で機械オペレーターが不要になるぐらいの機械であれば、最初から機械オペレーターとして採用しているケースは少ないです。

転職に際しては不透明な部分も

ご紹介してきたように機械オペレーターは非常に専門性の高い技術を学ぶケースが多いので、もし転職を考えた場合はその転職先も非常に狭いものとなってしまうでしょう。

専門性が高いがゆえに、もし同業者で求人募集をしていれば間違いなく重宝される人材として採用される確率はかなり高まります。 しかし一方で、専門性が高いことと比例して同じ作業を行っている企業というのも非常に少ないので、その同業者の求人が非常に少ないという現状もあります。タイミングが合えばすぐに転職できると思いますが、全く同じ機械を取り扱った業者が求人募集をしているとも限らないので、転職は慎重を期する必要があります。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.