機械オペレーターを辞めたい時

機械オペレーター求人TOP >> コラム >> 機械オペレーターを辞めたい時

機械オペレーターを辞めたい時

機械オペレーターを辞めたい理由とは

機械オペレーターとして退職した主な要因は、仕事量の膨大さによる残業の多さ、給料の少なさ、休日の少なさというのがよく聞かれる意見です。 機械オペレーターでの作業は、大量生産による流れ作業が多く、1日の必要な生産数に満たしていないと残業となるケースが多くあります。また、24時間フル稼働で行っている工場もあり、仕事量が多く、残業が多い職種といえるでしょう。もちろん企業にもよりますが、月の残業時間が20時間程度では少ない方で、40時間や60時間といったことも頻繁に起こりえます。

それに伴い、土日出勤などの休日出勤が頻繁に起こることもあり、年間休日が100日前後の少ない企業も存在します。そして、機械オペレーターの年収は300万円から500万円程度が多くなっていて、決して高収入というわけではありません。低賃金で辛いというのが、機械オペレーターの悩みとして多く聞かれる意見です。

就業時間以外の拘束が多い職業

機械オペレーターの場合、自社の商品を製造しているケースより、受注による製造のケースが多いため、必要な生産数に満たしていないと、納期の関係もあり残業や休日出勤が発生する可能性が高いです。 営業や事務などのように、ある程度の仕事量をこなして、残りは明日に持ち越しということも可能な職業がありますが、納期の縛りがある機械オペレーターの作業はそういうわけにいきません。仮に機械が不具合で動かないということがあれば、深夜まで残業しなければいけないということも十分に考えられます。 そして機械オペレーターというのは、とにかく積み重ねによる経験が必要な仕事です。就業時間が終わっても機械操作の勉強や工程の見直し、またサービス残業となってしまうような機械メンテナンスが必要なケースもあります。つまり、就業時間以外に勉強しなければいけないことや、作業も多く発生してしまうという仕事といえるでしょう。

ある程度は我慢も必要

しかし、機械オペレーターに限らずどの仕事でも勉強や技術の習得は欠かせないものばかりです。入社してしばらくは慣れない環境で厳しいと感じる面も多々あることでしょう。そういった状況でも、ある程度我慢しつつ乗り越えていくことは、どの職業においても必要なことかもしれません。

ただ機械オペレーターは作業に集中して、のめり込んでいくとあっという間に時間が過ぎるという事も言われる職業でもあります。 特に機械系の作業を希望している方は、あっという間に時間が過ぎ、日を追うごとに仕事の楽しさを感じ取ることができるのではないでしょうか。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.