機械オペレーターになるには

機械オペレーター求人TOP >> コラム >> 機械オペレーターになるには

機械オペレーターになるには

プレス機械オペレーターになるなら

機械オペレーターとして働いてみたいという方は、まずは応募しようと思っている企業が取り扱っている機械についてしっかりと調べておく必要があります。 例えば、プレス機械のオペレーターであれば、C型と呼ばれるフレーム機械なのか、ストレートサイドと呼ばれるフレーム機械なのかも理解しておく必要があります。 基本的にはプレス機械なので、スライドが上下して圧力をかけて製造していくということで共通する部分が多いですが、多少機械によって扱いが違ったり、目的が違ったりします。 精密な部品やパーツを作る場合はストレートサイドと呼ばれるマシーンを採用して、大型の部品を作る場合はC型のフレーム形式を採用したマシーンを採用することが多くなっています。

また、プレス作業を行う時では専門用語がたくさんあるので、最初は全く意味がわからないかもしれません。 例えば有名なところでは、加工する対象物を切断する「せん断」不必要な縁を切り取る「トリミング」縁を丸く曲げる「カーリング」などの用語があります。 実際に作業を行って、どのようなことをするかということが理解できれば良いのですが、予備知識として大体どのようなことをするのかということを、勉強しておくことは働き始めてから役に立つはずです。

ラッピング機械オペレーターになるなら

次に、ラッピング機械オペレーターについて知っておきたい知識をご紹介しましょう。 ラッピングマシーンには冊子やダイレクトメールなどを封入するポリラッピングマシーン、お菓子などの食品関係を包装する充填機タイプのラッピングマシーン(別名パッキングマシーン)、真空パック状態にするシュリンクマシーンなどがあります。これらは基本的に商品を覆うフィルムなどの資材を用意して、商品を包んでいき、パッケージングして、商品を完成させるというのが主な役割となっています。

例えば、ダイレクトメールの封入に使うフィルムはカッターの熱によって裁断され、一つの商品として完成されます。また、ラッピングマシーンによってはラベリングマシーンと呼ばれる宛名や商品番号を記載したシールを自動で貼り付けていく機械がセットで設置されているケースもあります。 機械の実際の操作の仕方は実務経験を経て、覚えていく必要があるので入社前に理解しておくというのは難しい部分がありますが、どのような機械で商品が製造されているのかということぐらいは知っておきたいところです。

建材の切断機械オペレーターになるなら

建材の切断機械オペレーターについてもご紹介しましょう。 建材の切断は、その切断する資材によって使う機械も分かれています。機械の圧力で刃を使い、切断するものもあれば、機械の刃では切断できないような曲線の資材や資材の中央部に穴を開けたい場合は、電気や高圧のプラズマガスを使用して切断するという方法もあります。アルミ素材、金属素材、木材などの資材によって裁断方法が変わってきます。 切断機や研磨機の知識が多少なりともあると良いですが、なかなか就職前に機械操作までを覚えておく機会はないので、なんとなくでも、どのようなことをする機械なのかということぐらいは把握しておきたいところです。

NC旋盤機械オペレーターになるなら

NC旋盤機械オペレーターは機械オペレーターの中でも事前に知識を吸収しておくことができる仕事といえるでしょう。未経験からでもNC旋盤については募集している企業もありますが、それはNC旋盤に関する知識があってのこと。やはり専門学校や訓練校に通って、旋盤に関する記述や知識を身につけておきたいところです。 NC旋盤の取り扱いやマシニング操作、プログラミングに関する計算などの知識があった方が転職に大いに役立つはずです。

NC旋盤というのは精密な金属を作る技術を必要とするので、プログラミングの調整次第で製品の精巧さにも影響が出てきます。ある程度年齢を重ねてからでも、職業訓練校などで技術を習得する機会はありますので、事前に技術を習得してから、応募した方が採用の内定率も高まると言えるでしょう。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.