年間休日が多い機械オペレーター求人

機械オペレーター求人TOP >> 条件別の求人 >> 年間休日が多い

年間休日が多い機械オペレーター求人

機械オペレーターの年間休日が多いかは受注量次第

機械オペレーターは激務の仕事という印象があるかもしれませんが、年間休日で120日以上を誇る企業もたくさん存在します。 どの機械オペレーターなら年間休日が多いということは一概には言えませんが、運営体制がしっかりしていて、製造部門などの部署が存在し、稼働スケジュールに関して無理のない態勢が敷かれているところであれば、土日を含めた休日をしっかり確保している企業もたくさん存在します。 逆に少数精鋭で運営が行なわれているケース、受注の増減が激しい企業の場合は、繁忙期には土日出勤というケースもあり、年間休日が非常に少ないということも考えられます。 その場合は、年間休日が100日前後で、月の残業時間が50時間越えてしまうケースもあるでしょう。

求人情報の事前チェックが必要不可欠

機械オペレーターは定時で終わるところもあれば、24時間継続で作業が行われていて勤務時間の交代制を採用している企業も存在するなど様々です。 年間休日が多く、残業時間も20時間を切っているところがあれば、仕事量の増加、人員不足などの理由で膨大な負担が掛かり、休日出勤が頻発するケースなどが起こるケースもあります。 求人を事前にチェックして勤務体系、休日、残業時間などをしっかりと調べておくことが必要となるでしょう。

年間休日の多い機械オペレーターは存在するのか

年間休日の多い機械オペレーターをあえて挙げるとすれば、NC旋盤機械オペレーター、CAD機械オペレーターといったところでしょう。 理由としてはプログラミングを駆使したり、精密な機械で人間の手が加わらない部分が多いので機械の故障や不具合が起きにくいということが理由として挙げられます。 そのため、スケジュール通りに作業が進み、膨大な残業時間が生まれにくいということが考えられます。

NC旋盤やCAD以外の機械では人的なミスや調整が必要なケースが多く、機械の効率を考えると、やや劣る面があります。そうなると、必然的に、残業や休日が減るという可能性が出てきます。 最近は雇用対策法も改正され、求人情報もだいぶ明瞭化してきていて、年間休日もほとんどのケースで記載されていますので、そういったものを事前に調べておくと良いでしょう。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.