激務でない機械オペレーター求人

機械オペレーター求人TOP >> 条件別の求人 >> 激務でない

激務でない機械オペレーター求人

機械オペレーターは激務なのか

機械オペレーターとしての作業が激務かどうかは、企業によって異なると言えるでしょう。 例えば、「ラッピング機械オペレーターはどこの企業も激務だ!」というわけではありません。 月の残業時間がほとんどないところも存在すれば、逆に月50時間以上などの激しい労働を強いられている企業も存在します。 応募の段階で月の残業がどの程度あるのか、土日祝日の勤務状況はどのようになっているのか、有給はしっかり取れているのか、残業代はしっかりと支払いが行われているのか、年間休日はどのぐらいあるのかなどを事前に調べておくことが必要でしょう。

受注形態によって企業の忙しさに違いが

常時、提携している企業があり、そこから作成の依頼を受けている場合は比較的毎日同じような仕事量になるケースが多く、残業時間や仕事量もほぼ一定となるケースが多いと言えます。 しかし、複数社から依頼を受けて毎月の仕事量が違う場合は、繁忙期などでは月で50時間以上の残業を強いられるケースもあります。 その場合はどうしても納期を考慮し、定時では終わらないほどの作業量が発生するケースもありますので、月ごとに仕事量が変動してしまう可能性が高いです。 このため、例えばラッピング機械オペレーターは仕事が楽で、建材の切断機械オペレーターは激務というわけではありません。 企業によってその仕事量に違いがありますので、下調べが何よりも重要ということが言えます。

機械オペレーターは定時に帰るのは難しい?

受注量が一定していて、比較的残業が少ないといわれる企業でも、機械オペレーターは定時ピッタリに帰宅できるというのは、難しいと考えておいた方が良いでしょう。 その理由として、機械メンテナンスが必要不可欠ということが挙げられます。 機械のメンテナンスは、どの企業でも就業時間中に行うというケースはほとんどありません。必ず作業開始前と、作業終了時に機械オペレーターがメンテナンスを行うことが多いです。 機械もやはり人間と一緒で、毎日動いていると、どこかしら損傷や不具合が出てきます。そうしたメンテナンスや修理というのは欠かせません。そういった部分で多少の残業が出るということは、事前に理解しておくことが必要です。

機械オペレーターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 機械オペレーター求人サイトランキング All Rights Reserved.